禁煙方法

タバコ暦は長いので禁煙が成功するかどうか分かりませんがトライしてみました。

MENU

タバコを止めた

タバコを吸う人の肩身が狭くなってきた日本。
いえ、日本以外の国でも健康のことを考えて、どんどん禁煙ブームが広がっているのが現状です。
喫煙者にとっては非常に厳しい状況になっていますが
そもそも今の日本人は、どれくらいの人がタバコを吸っているのでしょうか。実際にその推移はどうなっているのでしょうか。

 

今現在の喫煙率、これは調査期間によって差異が出てくるものの
大体20%前後といったところのようです。

 

成人している日本人の5人に1人がタバコを吸っているという計算になります。

 

実はこの喫煙率、毎年確実に減っているというわけでもないとのこと。
前の年と比較して少しだけ喫煙率がアップすることもあるようで
しかし傾向としては徐々に減ってきていると捉えることができるようです。

 

ただ、上昇する年があることを考えても、この20%というのがひとつのラインであり
ここから急激に下がることはタバコ税が急激に上がるなどしなければ、もうないのかもしれません。

 

ちなみに、男性の喫煙率は35%ほどで、女性は10%を少し下回る程度となっています。
こちらも全体的に徐々に減ってきてはいるようですが、男性に限っては数%の上昇が見られる年もあり
やはり頭打ちといった感じ。
ただ、いずれにしても喫煙者はマイノリティであることは変わりありません。

 

タバコを吸いたいという欲求が一番強くなるのは3日目です。
これは、ニコチンが体から抜けてきている証です。この数日間はストレスの原因となる雑務を避けましょう。

 

タバコを吸わない人などの禁煙マニアの近くに座るとか、あえて禁煙の店に行くとか
私は昼休みのランチでしか吸わなかったのですが
喫煙しない人とランチに行くようになって本数が更に減り、今は吸わなくなりました。
今日明日でというのは難しいですが、長い目で見れば出来ると思います。

 

タバコを吸わない妻が肺癌で死亡する確率は
夫もタバコを吸わない人に比べて約2倍になります。心筋梗塞もほぼ同様です。
妊娠中にタバコを吸うと、胎盤の血流障害や母体血の酸素不足を引き起こします。
喫煙している妊婦から生まれた乳児の体重は非喫煙者の乳児に比べて軽いみたいですね。

 

喫煙とマナー

健康に関する弊害だけではなく、マナーに関しても度々問題視される喫煙。
厄介なのはタバコを吸っている人の中に存在するマナーと、吸っていない人の中に存在するマナーに乖離がある点です。

 

喫煙所で吸っている、これは喫煙マナーとして正しいでしょうか?もちろん正しいですよね。

 

でもこれだけを見て「正しい」とするのは恐らく喫煙者だけ。
タバコを吸っていない人からすれば、隔離されていない場所にある喫煙所はもはや喫煙所ではなく
迷惑であることには変わりないと感じるのです。

 

携帯灰皿もそう。それを持っていれば喫煙マナーを守っていると思っているのは喫煙者だけ。

 

それ以外の人からすれば、携帯灰皿を持っていればどこで吸ってもOKという
感覚を持っている喫煙者に腹立たしく思っているもの。
ベランダでの喫煙も同様です。近隣の住人からすれば迷惑極まりない。

 

喫煙マナーを徹底して守るのであれば、四方を壁やドアで区切った部屋
あるいはそういった喫煙所のみで吸うこと、これしかありません。

 

これを守れていない人はマナー違反と言ってもいいでしょう。
というのが、恐らく多くの嫌煙家の意見ではないでしょうか。厳しいかもしれませんが
これを守れない人は、人の気持ちを察することができず、自己中心的な人物だと断罪されても仕方ないのかもしれません。

喫煙のデメリットや病気

タバコはニコチン依存となり、なかなか抜け出せないのが実情ですが
最も恐ろしいのは病気です。

 

まずタバコ云々は置いておいて一度糖尿病になると完治はしません。
一生治療や薬と付き合っていかなければならないのです。
こうした事態を防ぐためには生活習慣を正すことが一番。

 

その正しい生活習慣の中には禁煙も含まれています。
糖尿病は暴飲暴食だったり、偏った食生活
あるいはその上で運動不足が重なり発症する病気であるという認識がされています。
なので喫煙がこの病気と関連性があると聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。
でも、実際には密接な繋がりがあるのです。

 

喫煙はホルモンのバランスを崩します。精神的ストレスを溜めることも確認されていますし
血液循環の悪化によって臓器の働きが低下、その影響によって栄養素の吸収や代謝が悪くなることも知られています。

 

これらの状態が日常化すれば糖尿病を発症する要因となっても不思議ではありません。
タバコを吸うことのみでこの病気になるかどうかは疑問ですが
その一因となることは明らかなのです。
お酒を控える、運動をするなどしても
喫煙をしているだけで糖尿病になるリスクは同じようにあるという報告もありますから
大きな影響を及ぼしていることは疑う余地がないでしょう。

 

さらに怖いのは合併症です。糖尿病には脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などの合併症がつきものですが
喫煙しているだけでこの合併症のリスクも格段に高まるのです。
それを知った上でもタバコを吸いますか?あとは個人の価値観次第。やめるなら早い方がいいでしょう。

禁煙したい、タバコを断ちたい!そんな方のお役に立てれば幸いです。ここではニコストップについてのページです。禁煙を成功させたい、タバコを完全に止めたいなどの方にお役に立てれば幸いです。
禁煙治療薬の中でも最も信頼性が高いと評判のチャンピックス。やはりこういう系のものは偽物が出回るのは仕方ありません。
タバコは吸い出すと、体に良くない害のあるものだと分かっていても吸ってしまいます。もっといえば風邪を引いたりしても、ついつい口コミが寂しくなって喫煙していまいます。l
タバコ禁煙薬のチャンピックスは薬局やドラッグストアで購入できません!ドンキや量販店などにも一切取扱いはございません!
12週治療継続者の禁煙成功率は92.6% ※参照データ:日本禁煙学会雑誌 8巻1号 2013年3月4日
タバコを止めなければいけないと思いながらも、ダラダラとタバコを吸い続けてしまっているのですが先日、友人が肺がんと診断され、こういう機会しかタバコを止めようと思わないまた時間が経ってしまうと、友人の肺がんのことも忘れて喫煙習慣が復活してしまうと思って今流行り?の禁煙外来に行ってみることにしました。これは私にとっては一大決心です(笑)
個人的にどれがサプリとして有用なのか?人気ランキングとして公開させていただきますのでご期待下さいね。